white72 Baseballblog

プロ野球関連のことを書いています!現在537日連続投稿中!

スタメンシリーズ92 2022年福岡ソフトバンクホークス

今回は、

2022年の福岡ソフトバンクホークス

スタメンを紹介します。

約1ヶ月ぶりのスタメンシリーズですね。

それでは行きます。

スタメン

打順

選手名

試合

打率

HR

打点

盗塁

1

2B

三森大貴

102

0.257

9

36

20

2

3B

牧原大成

120

0.301

6

42

13

3

RF

柳田悠岐

117

0.275

24

79

2

4

DH

デスパイネ

89

0.269

14

40

0

5

1B

中村晃

114

0.253

7

51

2

6

LF

グラシアル

99

0.271

7

30

1

7

CF

柳町

107

0.277

0

32

3

8

SS

今宮健太

130

0.296

7

47

3

9

C

甲斐拓也

130

0.180

1

27

1

先発

千賀滉大

22試合 11勝6敗 1.94

先発

東浜巨

23試合 10勝6敗 3.11

中継ぎ

藤井皓哉

55試合 5勝1敗22H3S 1.12

中継ぎ

嘉弥真新也

56試合 0勝0敗28H 0.99

抑え

モイネロ

53試合 1勝1敗8H24S 1.03

代打

松田宣浩

43

0.204

0

7

1

代走

周東佑京

80

0.267

5

15

20

3B

野村勇

97

0.239

10

25

10

SS

川瀬晃

73

0.278

0

11

2

RF

上林誠知

33

0.301

1

12

2

監督

藤本博史

2位 76勝65敗2分 .539

見た感じ

8年ぶりのBクラスとなったチームを

立て直すべく藤本監督が就任し、

1軍首脳陣も5人変わった中で挑んだ

2022年の福岡ソフトバンクホークス

 

開幕は絶好調であり、

開幕戦から6連勝を決め

スタートダッシュに成功します。

ただ、栗原、柳田などの

主力が相次いで登録抹消となったことにより

連敗を重ね、当時首位の楽天に4ゲーム差をつけられます。

 

その後交流戦で勝率5割と健闘、

その後の楽天の調子が落ちたことで

首位を奪いました。

 

その後はパリーグ全体が大接戦で

前半戦終了時点で5位までが

2.5ゲーム差と

いつ逆転されても

おかしくないような状況が続きました。

 

後半戦は8月に首位浮上をして、

残り14試合の時点でマジックが点灯します。

しかしオリックスに追い上げられ、

ペナント142試合目の西武戦、最終戦のロッテ戦で敗戦し、

オリックスに逆転優勝を許しました。

 

個人成績に目を向けると、

千賀が11勝、東浜がノーノーを達成するなど

10勝を記録し先発の柱になりました。

野手陣は2桁ホームランを打った選手は

わずか3名にとどまりましたが、

チーム打率.255、529打点は

リーグトップの結果になりました。

 

来季は3年ぶりのリーグ優勝、日本一へ。

来季もホークスは、

勝利を目指して戦います。

締め

それではこれで失礼します。

読者登録、スターお忘れなく!

前回のスタメンシリーズはこちらから↓

white72.hatenablog.com

にほんブログ村のバナークリックも

よろしくお願いします↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村